木曽川水の始発駅公園づくり -5月の活動-

遠く鉢盛山が見える木曽川河川敷があります。
水の始発駅が15年以上、地域の皆さんと環境整備活動を続けている「水の始発駅公園」です。

「もっとみんなが親しめる場所に!」そんな願いを込めてエリアの花壇や橋や広場に”七福神”の名前をつけました。MAPには6人の神様しかいませんが、近くに弁天様が祀られた祠があるので合わせて七福神となります!

5月11日。5月の環境整備は、陽気も良くなり伸び始めた「ふくろく広場」と「えびす中州」草刈と昨年に刈った草の焼却。広大な河川敷、みんなのチカラを合わせて効率良く作業を行いました。

もうひとつの大きな作業は、「ほてい花壇」づくりです!昨年整備した南側の花壇の横に、ここ数年手つかずだった花壇があります。土をおこし、新しい土を入れ、来月の定植に備えます。今年はアサギマダラが好む、フジバカマやヒマワリ、アヤメの花を咲かそうと目標が決まっています。

これから、木曽川河川敷はキモチのいい季節です。木曽川の清流に触れにぜひお出かけください。