中山道木曽路歩き・今年の締めは「歴史の道 与川道」

「あの道も歩きたい!」という皆さんの声から、木曽路だけでなくいろんな街道・古道歩きを企画しました
さぁ、今年の最後は大桑村野尻から根の上峠を越え、南木曽町三留野に抜ける歴史の道「与川道」です。

与川道は、木曽川沿いの中山道が水害で度々通行不能となることから、その迂回路としてできた道です。全長16kmという長い道のりですが、歴史の名残を留め、里山風景が色濃く残る絶好のウォーキングコースです。近年は外国人にも人気で、たくさんの外国人観光客が与川を含め、木曽路を歩いています。

16kmという道のりの中には、峠道、小川のせせらぎ、竹林、紅葉、杉林、里山歩き、宿場歩き・・・バリーションに富んだ中山道の景色があり、与川道が人気の理由を全身で感じながら、楽しい1日となりました。