〔木曽路街道歩き〕 御一行が木祖村に入りました!

4月11日に岐阜県中津川市「落合宿」からスタートした今年の中山道木曽路街道歩き。3年目のシーズンは、日本遺産にも認定された木曽路を南から北へ歩いています。

9月19日。

第8回目の街道歩きは木曽義仲の里・木曽町日義「宮ノ越宿」をスタートし、いよいよ水の始発駅の本拠地である木曽川源流の里・木祖村に入りました。

(義仲館前で記念撮影)

風にゆれる稲穂を眺めながら旗揚八幡宮と南宮神社を見学

山吹峠を越え、いよいよ木祖村へ。

まずは腹ごしらえ。旅の昼食は、もちろんそば実の手作り弁当です。

ガイドの柳川事務局長が、お六櫛職人に早着替え!

こちらも日本遺産構成文化財に指定された「お六櫛の技法」を目の前で見学しました。

今日も、皆さんで楽しく木曽路を歩けました。

次回はいよいよ中山道随一の難所である鳥居峠を越えます。